事業概要

畑地かんがい事業

畑地かんがいとは

 畑作物は長い間雨が降らなかったり、いつもより雨が少ない場合、土地が乾燥して土の中の水分がなくなり、農家が大切に育てている作物の生育が止まったり枯れたりしてしまいます。
そのような場合でも、畑作物の生育に対して常に適切な水分を補給することを「畑地かんがい」と言います。
 畑地かんがい事業は、ダムなどの貯水施設、または、頭首工という河川からの取水施設などで水源を確保すると共に、確保した水を用水路を造って、雨が少なく土地が乾燥する時でも、畑で水が使えるようにするための事業です。

事業の目的

農業経営の安定と合理化

  事業区域の受益地は釜無川右岸の韮崎市から南アルプス市にまたがる耕地3,316haです。
 地区の北部は西側の急峻な山岳地帯から押し出された砂礫によって形成された低位段丘の既成水田地帯963haで、かんがい用水は寛文年間に開削された延 長約17kmの徳島堰用水路でかんがいされていますが、約320年近い年月を経ているため全線にわたり老朽化し、県営事業で一部改修されたとはいえ殆ど昔 のままの姿で通水し、漏水が甚だしく用水が不足の状況です。
 この事業計画は、既設の徳島堰用水路をコンクリート水路に改修して漏水を最小限に止め、あわせて徳島堰頭首工を改造することにより釜無川より増量取水し て原七郷に導水、畑地1,733haの散水を行い、共に末端低湿地水田620haの用水補給も行って地区全体の用水不足を解消し、農業経営の安定と合理化 を図るものです。

事業の概要

釜無川右岸畑地かんがいの整備概要

  1.  国営釜無川農業水利事業により、徳島頭首工を改造して水源を確保し、併せて徳島堰の改修により漏水を最小限にくい止めます。
  2. 確保した農業用水を徳島堰に設置した畑地かんがい用分水口から分水し、国営事業で整備した沈砂池、第一調整池、主幹線、1号幹線、2号幹線、3号幹線を通じて受益地域に送水します。
  3. 送られた農業用水を、県営事業と団体営事業で整備した基幹管水路、配水管、スプリンクラー等を通じて、受益地内の作物が必要とする時期に必要とする量の水を与えています。
  4. 国営県営事業(ストックマネジメント)
   

水土里ネット釜無川は国営・県営・団体営事業で整備した施設を維持・管理しています

▲ページのトップへ